魔法にかけられた

『バカばれちゃうから』

リップ交換してくれ /「遭遇」した話

こんばんは、お久しぶりです。

お陰様でめちゃくちゃ元気にスノ担してます。
担当が迷子です。
オリメン6人が好きすぎるんです。もちろん加入してきた3人もめちゃくちゃ好きなんですけど、担当にするなら6人…みんな好き…



それでさ
私と某コスメカウンターで起こった出来事を聞いて下さいよ…シンプルに愚痴なんですけどね…?

きょうのもくじ

↑愚痴に付き合ってくれない人は下だけ読んでくださいな。




本気で怒っている


某NARSのコスメカウンターで買い物したんですよ。

わたしめちゃくちゃNARS好きで、かねてからリフ粉やらリップやらコンシーラーやら愛用してるんですけど、今まで全部イセタンミラーで買ってたんですよ。
※イセタンミラーはPLAZAの高級版みたいな、半セルフなデパコス専門店です。

NARSの実店舗で多分買ったことないんじゃないかな?

で、平日にNARSのカウンター行ってリップ買ったんです。パワーマットリップピグメントっていう強い感じのマットリップで、前から「STARWOMAN」っていう名前の青みレッドのリップを愛用してたんです。名前も素敵でしょ?ちなみに色番号は2773です。

ただ折角NARSの実店舗に来たので、イセタンミラーには無い色を見ようと思って、順番待ちが発生してたので整理券を貰いに声掛けたら、


お姉さん(なんか機嫌悪い)
「次お伺いしまーす。要件お伺いしていいですか?(ぶっきらぼう)」


忙しいのかなぁ。


んでタッチアップしてた前のお客さんの接客終わってお姉さん来てくれたんだけど、まぁぶっきらぼうなこと!マジでびっくりした。久しぶりにコスメカウンターで雑な接客受けた。



店員
「要件なんですか?」

「リップの色を迷っていまして…」
店員
「あー濃い色お探しですか?一応こっちは紫っぽく出ちゃうんですよねーまぁこっちの方が肌なじみはいいです」(手の甲にベトー)


はぁ


私が迷ってたのは2773と、もう少し深い色に見えた何か(色番まで覚えてない)。
タッチアップはしてくれそうにない。
それどころか「早くしろよ」みたいな態度だよ。顔に出てるよ。

無言で手の甲グイッと見せられましても。

こっちだって普段は接客やってるけど後輩がそんな態度お客さんに取ってたらとりあえず事情聞くよ、お前昨日なんか嫌なことでもあったのか?って。絶対なんかあったでしょ。


とまぁ、仰る通り片方は結構な紫だったので私には似合わないなぁと判断して、「じゃあこっちにします」と2773を選んだ訳です。




お会計。
「良かったら期間中にご来店3回か、それかLINE登録でポーチお渡ししてるんで。」
「あ、じゃあ登録しますね。」

戻ってきて
「LINE登録はいいですか?」
私「(いや登録するって言ったよね?私スマホ出したしQR読んでるのあなたみてたよね??)
いや、もういいです…。」

正直すごい疲れた。
でもリップを手に入れたし、それは純粋に嬉しいからトイレに行って、すぐ付けようと思った。外袋を開けた。



…番号が違う。ものが違う!!!



入ってたのは2786。
f:id:lovin-u:20191004210023j:plain:w250
その名も「VAIN」=うぬぼれ

VAIN
うぬぼれの強い,虚栄心の強い,(…を)ひどくうぬぼれて,うぬぼれて,無益な,むだな,無効な,骨折り損の,空虚な,中身のない

用例:
vain and proud
《be ~》鼻ばかり高い、虚栄心に満ちている、自信過剰も甚だしい


わぁ。よりによって!
取り違えにしても!!!くそ!!悔しい!!!!
英語勉強したことを後悔したわ、意味がわからなければここまで腹は立たなかった。

すごい雑で適当な接客を受けた(多分相手はメゾンドフルール女の私なんて客にならないと思ったんだと思うけど)上に自惚れ女って渡されたらそりゃ怒るでしょ。後半に悪気はないと思うけどさ。


ちなみにここまで全部盛大な前フリです。




リップ正しい色に交換してくれ


それで速攻店に戻った。カウンターでカタカタ色見て、私が元々探してた色が店頭にそもそもあったことも確認した。

そしたらその店員さんがマジで5秒前の記憶ないんじゃないかってノリで新規客に接する態度で「どうぞご利用ください」ってコットン渡してきた。

マジか。

また来てくださったんですね的な言葉はないのね、これは私が求め過ぎてるかもしれないけどさ。(私も接客業なので…)



私「あの…先程購入したものですが、これ私が探してた色と間違っています。返品か探してた色と交換して頂けませんか?」

店員「いや一応お客様に確認も取りましたし、こちらもお見せしてますし、衛生商品なので返品は出来ませんね〜申し訳ありません〜」

私「えぇ……出来ないんですか……?」

店員「はい」


はいじゃねぇ



①店員、あなたが店頭で手の甲に出してくれたのは2773だ。それはわたしが「これとこれ」ってテスターを手渡したんだから、私が探していた色で合ってるに決まってるだろ

②そういえばタッチアップも何もしてくれなかったな、私は悲しかったぞ

③購入前に破損の確認で開けてはくれたけど色番の確認されてないぞ!!
(番号言われてれば絶対気付いてた)
確認しなかった私が悪いかもしれないけど、2773と2786は本当にパッと見の色が似てるから、色味で私は気付けなかった。

④ごめんなさいは……?


もうとにかく店員さんの『あしらう』みたいな態度が悲しくてというより素直に怖くて、初めてコスメカウンターで怖いなと思ったわ…
コスメカウンターが怖いって言ってる方はきっとこんな思いしてたんだね…

横浜の高島屋あんまり外れないし怖い思いしたことないから横浜高島屋を激オススメします……


とにかく客に見られてなかったんだろうな、本社に問い合わせてみようかな…悲しいな…とガッカリしすぎて半ばフラフラと出口のほうに向かってぱっと顔を上げたら


自担がいた



さてエントリーの振り出しに戻ります。


まぁ目情上がってるので調べりゃ誰かすぐ分かるでしょうけど。ついでにどこのコスメカウンターかも分かると思うけど。

「遭遇」って言葉があんましっくり来てない(ジャニーズは未確認生物でもスティッチでもない)のと、「どこどこで誰に会いました!私がこういうと、こうやって対応してくれて神対応でした!」ってインターネットでリアルタイムで大々的に拡散したり「ジャニーズ遭遇情報」なる奴らに情報提供するのは私個人的に勝手に決めつけてる『モラル違反』なので絶対やらないけど、数日経って彼はきっと今そこにはいないので書いちった。
(=私が情報提供者ではないです。)


ちなみにその日、割と近くの全然違う場所で「別の自担」にも偶然(こっちはマジで土地勘のある人じゃないと通らないと思う)すれ違って思わず声をかけてしまったのだけれど、こちらは目情が全く上がってないので「どこで」「誰と」はごく親しい人にだけ速攻LINEして自慢しました。自慢すな。



そんなこんなで
本社に問い合わせたら返答これ

お店でダメだから本社に連絡したのに「お店でダメなら無理です」でマジかーって感じですね はい リップ交換してくれ

ちなみに


週中にメール送ってるのに2日間返事なしで週末のサポートセンターがクローズしてから返事送ってきたのは偶然ってことでいいですか?わざとですか?

なんにせよ本当にNARS嫌いになったんだけど、NARSのコスメは本当に好きなんですよ…勘弁してくれ……



って話を家でこんこんと母にしたら、
「だけどそのリップを使う度に○○くんと△△くんのこと思い出せない?○○くんと会えた記念として持っといて使えば?」
と言われたので大切に使います!はい!ありがとうございます!!!発想の転換!!



結論
人生 楽ありゃ 苦もあるさ



雑談
そういえば前のTwitterアカウント勢いで消してしまいまして、今はこちらに生息しております。宜しければどーぞ。スノと日常のことばっかり。