赤裸Liar

NEWS沼からこんにちは!

手越祐也様 お誕生日おめでとうございます。

親愛なるダーリン・手越祐也様。


お誕生日おめでとうございます。
毎年この時期は、逢えない寂しさで恋焦がれながら、春の逢瀬に向けてせっせと働いている気がします。
そんな時間も大好きで、矢継ぎ早にリリースしてお金を使う充実感や喜びもいいんだろうけど、秋冬はゆったりと深く愛でるNEWSのスタイルが私には合ってるんだと思います。

はじめてテゴマスを知ったのはあなたが19歳、私がまだ小学生の時でした。
街にできたてのTSUTAYAの、真新しいカードを持ってJ-popコーナーに足しげく通い、足先をめいっぱい伸ばしてランキング1位のCDを手に取っていました。
このエピソードは「アイアイ傘」とかそのあたりのおはなし。

歌声に惹かれ、興味を持ってから10年、好きになってから6年の歳月が経とうとしています。
柔らかな歌声だけでなく、艶やかな表現や激しいディストーションボイスまで操るボーカリストに変貌していくさまをこの目でずっと見てきました。
また、激動を乗り越えてふわふわした優しい王子様がモンスターに変貌していくのも見ていました。もっとも、これは彼の本来の性格が出てきたにすぎませんが…。

30歳。遂にあなたの憧れていた「男として成熟してくる年齢」に到達ですね。

私のファンとしての「好き」は大概2年周期。3年以上続いた試しがありません。
実はてごちゃんのことも、あのコンサートのなかった2014年に一度離れています。
(2015年にちゃっかり戻ってきました)
ただ、「やっぱりこの人が好きだ」と思い戻ってきたことも前代未聞で、自分でもどうなっちゃうのか全く分からない。
表情がクルクル変わる姿、にこっと笑った目尻の笑いシワとか、気付いたら全てが大好き。
熱のこもった熱心なファンではないかもしれないけれど、日々を支えてくれる大好きな歌声を今日も聴いていたい。
「一番遠い大切な人」であってくれる彼を、今までもこれからも真摯に応援していたい。


私からのささやかなお誕生日のお祝い。

 

手越祐也 - Wikipedia


「MissEMMA」「Banviena」という2つの利用者アカウントを使用して、10/30より本日まで、微力ながら私なりにWikipediaページの更新を重ねました。

 

本プロジェクトには、沢山のフォロワー様のご協力を頂きました。
文献となる雑誌のページ数や内容を共有してくれたり、実際にアカウントを取得して編集に加わっていただきました。
一緒に編集出来て本当に楽しかったです。

 

さて、編集に思い至ったきっかけは、イッテQで本人が「好きな物なんかWikipedia見てもらえれば」と発言していたこと。
放送当時のWikipediaでは、何が好きなのかサッパリ分からなかったからです。
前々から彼の(もとい「彼ら」の)Wikipediaページは他のグループのメンバーに比べて相当貧相だなと思っており、いつか加筆したいなと思っておりました。
過去に自分が好きだったバンドのボーカルさんのページをイチから作ったことがあり、いわゆる編集の仕方や記法は知っていたので、行動を起こしてしまえばそれだけのことでした。

ただ、フリー百科事典の名の通り、誰もが編集できるページです。
そしてあそこには「ヌシ」みたいな権力者がいて、ヌシの気に障ればブロックされてしまうような世界だったりします。
形式がヌシごとに違っていて、なかなか自由に書式を変更することも難しかった。
私の編集したものが一夜にして何事もなかったかのように戻されていることもザラで、てごペディアのページに居るヌシのやり方を探り探り、そして時に指摘を貰いながら編集していきました。

そしてつい2日前にも起こっていましたが、Wikipediaの存命人物の項には、定期的に「荒らし」が登場します。
こちらは監視屋さんやヌシの方々が荒らされる前の状態に差し戻してくれるので現在は現状復帰しているようです。困ったものです。

「人物」項は、全く手越祐也という人間を知らない人がNEWSの映像を見たときに、「この人が手越くんか!」と分かるよう、見た目的特徴とアイドルとしての特徴を追記。
また、それこそイッテQ等で彼の魅力をある程度知っている人が、歌手としても興味を持ってくれるよう、歌唱力に関する記述を大幅に追加。
読めばついアルバムのリンクを踏みたくなるように、わざと布石を張り巡らせました。

 

主な追記項目

<人物>項

・「パワフルな声量」を修正しました。
声量はありますがパワフル系の歌い方ではないため。
代わりにNEVERLANDパンフから引用し、「表情豊かなボーカル表現」とし、幅を持たせました。

・歌声の説明を追記、
「幼気な柔らかい歌声からディストーションボイスまで、楽曲に合わせて多彩に使い分ける」
としました。
幼気=心が痛むくらい、いじらしいさま。
いじらしい=弱いものが一所懸命に努める有様や、心根が健気で可憐なさま。
彼の一番柔らかい歌声(恋知ら、Greedierあたりをイメージ)を表現するのにピッタリな言葉として、シゲの「あやめ」から美しく且つ当てはまる言葉を引用しました。
また、ディストーションボイスの使い手であることを追記し、高い歌唱力をより伝えられるようにしました。

・コンサートの音作りに関わっている旨を追記。

・トレードマークなので、金髪の人は彼であることがわかる説明文を追加。

・我々を「子猫ちゃん」「ハニー」と呼んでくれていることも追加。これもテゴちゃんを象徴する特徴の一つだと思っています。

・「メンタルが強くポジティブ」ではなく、「非常にポジティブ思考」としました。前者よりも後者の方が彼に当てはまるように思います。
これは私の言葉のセンスみたいなものですが…。彼のポジティブ思考に関するポリシーも一緒に記載。


<連載>項
ストライカーDXとワールドサッカーキングの連載情報を追記。

<ソロ曲>項
曲名を太字に、作詞者作曲者と収録盤名を配置換えしました。

<外部リンク>項
Johnny's netとJEへのリンクを追加しました。


あくまで事典ですので、ファン事情のようなものや、「本当はこういう人なんだよ!」「こんなにいい人なんだよ!」というような私情的内容は一切必要ありません。
ですが現在、タレントのことが気になって検索すると、一番上に来るのは魅力たっぷりのアーティスト公式サイトではなく、Wikipediaであるのが現状です。
であれば、検索した人が「どんな人か」を知る上で最低限の情報と、「こんな人なんだ」と興味を持てる情報が揃っていることが必須。


要は、キッカケになればいいのです。
彼を、「もっと知りたい」と思うキッカケに。
そんな入口整備が出来たらなという一心で編集した二週間でした。

 

現状、他のグループのメンバーさんのページより自軍のページは内容が薄っぺらで、現在の連載情報すら欠けていたりします。
沢山の人が加筆修正をしていけたらいいなと思います。
フリー百科事典の名の如く、愛ある人たちの編集で色んなものが少しづつ良くなっていったらいいなって思います。

 

 

 

純粋で無垢な感性と、確かな知識と経験を武器に、
これからもきっと私の大好きなあなたは、ますます人間として多くの人を魅了し、
世界を舞台に活躍するエンターテイナーになるのだと思います。

どこまでもあなたの創り出していく世界、道、そしてすべてを
時に応援し、時に先導して光を照らす者になり、時に回復の魔法使いになれたらいいなと思っています。

 

物語は「Once upon a time」から始まり、「Happily ever after」で終わるもの。
手越くんの過ごす30歳の一年が、今までの手越祐也の物語の、
一番実りがあり、輝きのあるページとして刻まれますよう。

大好きです。
30歳のあなたのことも、変わらず愛させてください。


2017/11/11
Happy Birthday to Yuya