赤裸Liar

NEWS沼からこんにちは!

イッテQと最近の手越くんに想う私の葛藤と

おはようございます。
電車の発車10分前に起床して、2分で家をロケットスタートしました。しんどい。

寝坊の原因は、昨日の神宮外苑花火大会を大好きで思い出深い秩父宮ラグビー場で観て帰ってきて、今日始発出勤なのに無理してイッテQを観たからに他ならないんだけど。
心が満たされてるので元気です。


イッテQ手越回だったので定期更新。

毎回毎回やんちゃ過ぎる我が自担を愛のあるイジリとdisりで救ってくれて日テレ方面に足向けて寝れない。
『手越イッテQ降板』説が囁かれた時は、鋼のハートと言われる手越担の私も流石に焦ったけど、全面的に否定するプログラムを組んでくれる日テレさんに心から感謝したい。
それと普段のテゴちゃんの行いの良さもあるんじゃないかなぁ、なんて少し思ったり。

実はイッテQの【レギュラー】は少なくて、
・内村さん
・大輔さん
・手越くん
森三中の皆さん
・イモトちゃん
・あさこさん
だけしかいないんです。
その他のファミリーの皆さんは【準レギュラー】なので、座ってるメンバーは毎回変わるんですよね。

そして10年間このレギュラーのイスに座り続けてるのはもっと少ない。イモちゃんですら実は途中参加。
(番組の企画オーディションで発掘された天才)

だからなんかさ、『降板』なんて不謹慎なこと言われたら流石に心がざわついたけど安心しました。



『手越に足りないもの7つ』
これが補完されてしまったら、きっと私の大好きで愛してたまらない《手越祐也》ではなくなってしまうなって。

①周りをよく見て人に合わせること
②悪目立ちせずチームの一員になること
③自分の能力を過信せず謙虚に練習すること
④人の話はちゃんと聞くこと
⑤目上の人は敬う事
⑥自分の悪いところは素直に認めること
⑦私生活でハメを外しすぎないこと

7以外は実はちゃんと出来てたりするんだよね。
でもそれはファンだけが知ってればいい事実で、一般の皆様はコチラの沼に落ちてから彼の誠実さを知って抜け出せなくなればいいと思っているので、是非早くこちらへおいで下さい。

彼が『孤高のアイドル』にならざるを得なかった背景や葛藤を知らなくていいと思うし、それを説明しようとするから『ジャニオタは痛い』って言われちゃうんじゃないかなぁって思うので、それは知りたい人だけが知ればいい手越かなって。

テゴマスのらじお で、『年齢コンプレックスでコンサートの平均年齢を上げたくない』というお悩みを寄せてくださったファンの方に対して咄嗟に綺麗な敬語を使う手越くんとか、
大口を叩いてる癖に実は裏で血の滲むような努力をしてる所とか、

それを隠して『チャラ男でナルシスト』の仮面を被るところとか。

最近は、その仮面に覆い隠してしまった心の内や涙を、ほんの少しだけ見せてくれるようになったり。

その全部が好きだからファン続けてるんだなぁってつくづく思うのでした。
彼が『孤高のアイドル』でも、『孤独』を感じないように、私達はなにか出来ないものかなぁ、とまた考えてしまったり。



無粋な話ですが、最近週刊誌で元セフレのみかさんを語る女性に盛大に性癖を暴露されてたじゃない?
それを取り上げてる雑なネット記事に、こう書いてあったの。

『女側も乗り気じゃなきゃ気持ち良くない。あながちノリノリだったんじゃないの?』
『身体の関係は持つのに心を開かないのに彼の孤独が伝わってくる。』

そうか。寂しいのか。
って、こんなの想像でしかないのに妙に合点がいったり。

私も女なので、彼が一夜限りの女遊びをすることを肯定は出来ないんだけど(自分だったら虚しすぎる)、でも女遊びをする彼の気持ちも少しだけ分かるかもしれないなって。


弱みを見せずにトップに立ち続けることは、どんなに孤独だろうか。
苦しい事も、果てはお父様が亡くなった事すらメンバーに打ち明けないほどに、見えないバリアを幾重にも張り巡らせて、自らの心の本当の所を隠して誰にも見せようとはしない彼の孤独はどんなものだったんだろう。

それを満たせるものは、一時の快楽しかなかったのかなぁ。

一般人の私には分からないけれど。


走魂で祐也くんが足を痛めてしまった時、頑なに続行を望む祐くんにスタッフさんの言葉は、すごくキツいもので心がぎゅうって苦しくなった。
『オメェのやるやらねぇじゃねぇんだよ!』
みたいな、言葉はちゃんと覚えてないけど、なんか凄い罵倒口調だった。

普段からあんな汚い言葉を彼は向けられているんだろうか?
冗談抜きで、それは価値観や精神的バランスの一つや二つおかしくなっても不思議じゃないよ、と思って。

私は芸能界第一線の裏で働こうと思って目指して諦めたから、現場とかの物凄い口汚い感じとか分かるんだけど、それも諦めた理由でもあるから、ちょっとわかるなぁって。
平たく言うと打たれ弱いから向いてなかったんだけど、専門学校在学中は軽いうつ病になったり、体調を崩したりでした。
(多忙を極めてたので、慢性的寝不足に陥ってたのもありますが)


本当の第一線で活躍している彼なら、やることなす事に《評価》がまとわりつくし、その評価の善し悪しで褒められたり叱られたり勿論するだろうし。
その環境の中で心を閉ざして立ち振る舞うことはどんなに辛いものか。
きっと想像を絶するんだろうな。

彼が幾ら痛い目を見ても夜遊びを止めないのを理解出来ないように、彼の背負う苦しみもきっと私には理解できない。

でもね、その心の拠り所は余りにも不安定だよ。リスクも大きすぎる。
バレた時にまた心を苦しめるのは自分自身の行いだから。

あぁ…こんなこともう何年も心配してる。

4人になった時、髪を人間離れした白金に染めて現れて、突き放す言葉を放って奔放に振舞った彼を今改めて見ると苦しい。

何が言いたいのか全くわからなくなってしまったけど、手越祐也に優しい世界になったらいいなともう何年も願い続けているばかり。


何の話してたんだっけ…。
イッテQさんいつもありがとうございます。
また彼を美味しくイジってくださいな。
チャラくて真面目で協調性がなくて誠実な彼を応援していて楽しい。

毎度の事だけど取り留めなくてすみません。
お付き合いありがとうございました。





余談

週刊誌で彼の性癖が盛大に暴露された時、手越担仲間が
『知ってる…知ってるけど…なんで知ってるんだ…??』
って錯乱してたの最強に面白かったです。私も思った。


『手越担が手越に甘いし強いから、手越がいつまでも遊ぶんだ』
という意見も目にしましたが、別に我々は強くなんざ、決してないです。
でも苦しみを必死に隠す彼の姿を間近で見てるからこそ、私は彼に強く言えない。
こんなに頑張ってる彼のプライベートにまでとやかく言うのはおこがましいと思って。

ほんとはね。
女遊びなんてやめて欲しいし、匂わせるような安い女引っ掛けないで、もう少し見極めてよ、って思うよ。

私だって、祐くんが大好きだもん。
どこの誰だかもわからないような女にマウンティングされるのも辛いし、マウンティングの為のアクセサリーとして私が本気で愛してる男を使わないでくれって、やりきれない思いだし。
でもそれで、そんなことで、彼の心の安寧がほんの少しでも保たれるなら、例え危ない橋でも見守るしかできないんだよ。

でも彼がきっと愚かだと分かっていながら縋ってるモノを攻撃するのは違う。したい気持ちはわかる。六本木なんて会社から電車乗ればすぐ。今すぐ探して一晩でも関係を持ちたいとか本当に愚かなことを考える事もある。でもそれは違う。絶対に違う。葛藤ばっかだよ。
本当は素直な気持ちで、何にも知らずフラットな気持ちで応援したい。


そんなこともひっくるめて、私は手越祐也を応援してるのが楽しい。

頑張れっていう無責任な言葉は嫌いだから、
ただひたすらに好きです。応援しているよ。