読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤裸Liar

NEWS沼からこんにちは!

恋を拗らせた君へ

こんにちは。
今日は、昨日友達と話してて「そういえば誰にも言ってなかったかも?」 と思った黒歴史をサラリと投下しますので、笑い話程度に読んでくださいね。

「なんでそんなベサメムーチョ好きなの?あの曲そんなに好きな人あんまり居なくない?」
という友達からの指摘のワケを説明するのにこの話が必要不可欠で、もう時効かなーと思ってゲロったついでにブログにでも書いて昇華させてしまおう。


はじめに前置きしておきますが、これは4年前の話で、現在はバッキバキの手越担です。




4年前…私がまだ高校2年生だった頃のお話です。
お化粧禁止の私立高校の、おブスなJKだった私はNEWS担をしてた訳ですが。
ブスだろうが何だろうが恋の一つや二つする訳で。

誰に拗らせてたかというと小山慶一郎なんですけど。

そうです。
誰にも言わず、
密かにガチ恋を拗らせた高校生のお話ですよ。


そもそも私のジャニーズ沼生活は叔母が好きだった嵐をずっと聴いてたとこから始まり、
一瞬のJUMP→嵐ヲタ→エイター兼NEWSファン(高2当時)
と辿っていくんですが、
Twitter大好きマンで高校生当時からツイ廃極まって色んなファンの方を見ていた私なりに、
『ガチ恋は痛い』
とずっと思ってたわけです。

どう考えたって叶いもしないのに、
「私の〇〇くん!」
だとか、
「同担拒否ですー」
とか、なんやねんどうしてこうも仲良く出来んのや、
画面の中の人に恋するなんてアホやな。
そんな感じの。


あ、私は特に同担拒否もしなければ小山担すら名乗らず、マジでひた隠しにして(たつもり)ました。


別にこれといって「こんな事があったから好きになったんです」とかじゃなくて、これといった理由もなく、ただ慶ちゃんが好きでした。
『好きになるのに理由は必要ない』とか言いますが、ほんそれ。ほんそれ!


だからね、
Everyも毎日コッソリ録画して見てたし(メインのHDDではなくテレビ内蔵のブルーレイレコーダーを使う徹底っぷり)、だから第一志望明治大学とか無謀な目標掲げては成績ぶち上げたり(マジですが結局違う道へ進みます)、当時の奇行の数々は「ガチ恋だったから」のひとことでわりかし片付きます。

勉強したことは役に立ってるけどね。(笑)

ええそれはそれは
高校生の「美しい恋」でしたとも。


でもね周りには知られたくなくて、
すぐ顔に出たり態度に出るので、
表向き、
当時はテゴシゲ担だったのでシゲアキ先生の好きな感じの服着てツアー行ったり制服だったり、増田さんのうちわ持ってたり、小山以外の3人で迷走してる(いや本当に迷走してたし3人とも大好きだったんだけど)感じでした。

というか、
「担当」
という概念じゃなくて、本当に好きだったので(恥ずかしい)、うちわ持ったりそういう気分でもなかったんですよね。


拗らせてる。


てごちゃんは今も昔も私のただ1人の王子様だし、シゲちゃんは世界一美しくて可愛さ極まってる美青年だし、まっすーの男らしい所に惚れてうちわ衝動買いしたんだけど。

慶ちゃんだけは、
「大好きな先輩」
みたいな目線で見てました。たぶん。






さてさて、おブス高校生ゆあさんは小山慶一郎への恋心を変にこじらせたまま高3になります。

このブログでもちょいちょい書いてる通り、高3の夏頃から手越のせいでAcid Black CherryにハマってからズルズルとV系沼に落っこちていくんですが、実は「慶ちゃんが好き」っていうのは暫く引きずってました。

黒歴史

2014年当時NEWSはツアーもなくて、サッカーかブラジャーがなきゃ新曲出なければリリースもねぇ、みたいな(加えてメインで動いてたのがテゴマスだったので、状況的には「大好きな人に会えない」)感じだったので、NEWSに戻るキッカケもなくバンド沼に落ちていきまして。

でもしばーーらくEveryは見てたなぁ。

でね、その時期に彼氏が居まして。
バンドのファン友達で、身長が高くて(今考えると小山さんと同じぐらい)、優しいけどちょっと変わっててちょっとお馬鹿な感じの。


言いたいことはわかりますでしょうか。
脳内変換。

ハグもキスも、全部、
『慶ちゃん』
だと思ってた。




だからそもそもそんなに好きじゃなかったんだよ多分。
だからこそ続かなくてな。
何ヶ月?半年もってないぐらい。それも覚えてない。


そろそろヤバイレベルに達してるのがお分かりいただけただろうか…、、







でもねー、
バンド通ってるうちに気付いたら慶ちゃんのことなんかなんとも思わなくなってた。
Everyも観なくなったし、トーキョーライブも観なくなったし、NEWS自体を追っかけなくなってたから当然なんだけど。
white誘われても、被ってた学園祭の方優先するぐらい、専門学生1年の6月には、嘘みたいになんとも思わなくなってた。



今ですか?
うーん…ガチ恋ではないです。
でも、仮にも「大好きだった人」なので、慶ちゃんを観れる時はちょっとドキドキします。

でも現在は手越担

何だかんだ言ってお前何やねん感。






専門学生1年は、私が病んでメンヘラっぽくなってたので、疎まれて周りとも上手くいかず、それが原因でまた病んで面倒くさい奴になり…お休みの日もほぼ学校だったし、行っても怒られるか愚痴られるかの環境的にも精神的にも地獄の生活でした。

だからこそ、病んだ曲を好んで聞いてて、NEWSなんか明る過ぎて聴けなかったから避けてたもんで。
そんなこんなのバンド漬けでNEWSとの接点なし。


今年6月のQUARTETTOに行ったことで
『やっぱりNEWSが好き』
ってなって戻ってきてから、「人が変わった」と言われるぐらい、また性格面で明るくなった(元に戻った)んですが、
学校が辛いこと自体は変わらなかったので、
そんな私の支えにまたなってくれたのは慶ちゃんでした。

学校が都内だったので、汐留は定期圏内で、
授業が早く終わった日、辛いことがあった日、
ほんとに辛くてたまらない日は授業を抜け出して汐留に通ってました。

「恋を知らない君へ」
聴きながらね。
この曲聴くのちょっと辛かった。

楽しくてキラキラしてた日々に、大好きで大好きで仕方なかった慶ちゃんを遠目に見ながら、
「私何やってるんだろう」
なんて泣いたり。色々考えたり。


慶ちゃんがお仕事してる姿を見てから、泣きながら帰る日もありました。
だけど、それを重ねるうちに、もっと頑張らなきゃなと思うようになって、
プラス現在は手越担なわけで、祐くんのガツガツ周りを巻き込んでポジティブに引っ張ってくれる元気に引っ張られていって、

それだけなのに、私の周りを取り巻く状況は驚くほど全て好転していって。

NEWSってすごいな、
いつまでも、私の中で偉大な存在だな、
と思って。




さすがにね?
ずーっとガチ恋してる人は居ないと思うんですよ。

だからね、
例えば今、周りの人に見向きも出来ないぐらいに祐くんや慶ちゃんやまっすーやシゲちゃんが好きなら、今自分が持ってる感情が「痛い」とだけ思わずに、純粋に好きでいていいんじゃないかな。

大丈夫、そのうちいい思い出になる。

何年後かに思い出していい思い出になると思います…ここまで拗らせると面倒くさいけど(笑)



で、話は戻ります。

ベサメムーチョが好きなのは、歌い出しの慶ちゃんがセクシーでしょ?
なんとなく、ベサメムーチョって慶ちゃんの曲っていうイメージ。セクシー悲恋。

高校生のクソ純粋だった思考回路に「あんな男なんて忘れろよ俺と居ろよ」はなかなかのアレよ?うん。
だから今もなんとなーくずっと好き。

今完全に目線は椅子ダンス慶一郎の滑らかエロ目当てで見てるけど。(こら!)



そんな私の今の好きなソロ曲1位はロメオ2015です。
white行かなかったこと一生後悔すると思う…
WINTER MOON大好き芸人だし。
BYAKUYAのルシファー堕天使ユウヤ観れなかったとかもうほんと一生の不覚。。

愛のエレジーは1度も聞かずに会場行ったから、
『あなたを死ぬまで愛したい』
で爆笑しちゃった(マジ失礼)のでね、QUARTETTO出たらまずはじめに観ようと思います。はい。


なんかほんとただの黒歴史暴露大会になってるけど。
一年半ぐらい小山慶一郎本気愛拗らせてた話でした。

割と私の近くに居た人で、初めて知った人多いんじゃないかな?
ほんと誰にも言わなかったから。
恥ずかしかったんだもん。
いい年こいて「好きな人は小山慶一郎です」とかヤバイ奴な自覚はあったからね。


就活してる時口癖のように
「慶一郎結婚してくれ」
と毎日毎日言ってましたが、この話聞くと怖いでしょ(笑)
就活の時はもう流石に現実見た上でネタとして言ってたけどね。
本当に結婚してくれと思ってた時期もあったんだよ、というお話でした。


最近の口癖は
「手越くんと結婚して会社辞める」
です。
ありがとうございます。




ではまた!